GAMECITY : PSP-2000 や PSP-3000 でCFWの機能が使用可能に - 5.03 GEN-C for HEN GAME CITY
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PSP-3000 や PSP-2000 の対策基板でも CFW の機能が使用可能で FW 5.55 や FW 6.00 以上 を要求する UMD や ISO もパッチ無しで起動可能になる 5.03 GEN-C for HEN がリリースされました。


PSP-3000 や PSP-2000 の対策基板(TA-088 v3 以降)でも CFW の機能が使用可能になる 5.03 GEN-B for HEN の アップデートバージョン である 5.03 GEN-C for HEN が PSP GEN からリリースされました。

前回からの変更点:

- 要求 FW 6.00 以上の ゲーム(鉄拳6,ガンダムNEXT PLUS など)と 体験版 の起動に対応
- 2009年12月15日 までに発売されているソフトに対応
- メモリースティックアクセス速度向上機能 ISO SPeed MS loading を実装(純正のメモリースティックでテスト済)
- ネットワークアップデート に対応

起動テスト済みのソフト:

- 鉄拳6
- 機動戦士ガンダム ガンダム VS. ガンダム NEXT PLUS
- Jリーグ プロサッカークラブをつくろう6
- NARUTO -ナルト- 疾風伝ナルティメットアクセル3
- James Cameron Avatar The Game
- ファンタシースターポータブル2
- R-TYPE タクティクス2
- ブリーチ ソウルカーニバル2
- バトルスピリッツ 輝石の覇者
- 山田悠介ワールド パズル
- その他...


この 5.03 GEN-C for HEN では FW 5.03 以下の 対策された PSP-2000 や PSP-3000 で 新たに FW 6.00 以上を要求する UMD や ISO をパッチを当てなくても直接起動することができるようになります。

CFW 5.03 GEN-C for HEN の特徴:

- FW 5.03 以下の 対策された PSP-2000 と PSP-3000 に対応
- PS1 ゲームがプレイ可能
- CFW 対策された UMD や ISO が起動可能
- FW 5.55 や 6.00 以上を要求する UMD や ISO が起動可能
- GEN Vsh Menu 搭載
- Vsh Menu から リカバリーメニュー を表示可能

これは ChickHEN を利用して 一時的(PSPの電源を切るまで)に CFW の一部の機能を使うことができるようになるもので 内容は以下の通りです。

5.03 GEN-C で 可能なこと:

- ISO/CSO と UMD 起動
- プラグインが使用可能
- 自作アプリが動作する 
- リカバリーモードの起動
- Pops Loader(PS1)に対応

※バージョンは FW 5.03 以下である必要がありますので注意してください。
XMB の 設定>本体設定>本体情報 で確認できます。

[ 手順 ]

準備するもの

- FW 5.03 以下である 対策基板の PSP-2000 または PSP-3000 

CFW 5.03 GEN-C for HEN 導入

1.CFW 5.03 GEN-C for HEN をダウンロードして 解凍します。


2.解凍してできた 503GENCforHEN フォルダの中にある「GEN-C」フォルダを メモリースティック の PSP/GAME/ フォルダの中にコピーします。  



[ メモリースティック構成:PSP/GAME/GEN-C ]  


3.これで CFW 5.03 GEN-C for HEN の導入は完了です。

HEN の導入と起動

4.ChickHEN R2 を起動させます。

ChickHEN R2 を まだ導入していない方は ChickHEN R2 リリース の記事を参考にして ChickHEN R2 を導入して起動させてください。

また PSP-2000/PSP-3000 で ほぼ 100% 動作する CHickHEN mod2 を使って ChickHEN R2 を起動させても構いません。

※これ以降の手順は HEN が動作している状態で続けてください

CFW 5.03 GEN-C for HEN インストール

5.XMB から「CFW Updater 5.03 GEN-C」を起動します。    



6.以下のような画面が表示されるので ×ボタン を押して 5.03 GEN-C ファイルを PSP の flash に書き込みます。

~CFW 5.03 GEN-C Installer~
add the 5.50 GEN-D3 compatibility on:
By Yoshihiro Team GEN
release on http://www.pspgen.com

Press X for start the patch.
Press O to Restore version.txt 5.03.
Press SELECT TO UNINSTALL the CFW-GEN.
Press R to Exit.


7.ファイルの書き込みが始りますので、数秒待ちます。

8.終了すると以下のように表示されるので ×ボタン で選択すと 再起動して 5.03 GEN-C を起動します。

~CFW 5.03 GEN-C Installer~
add the 5.50 GEN-D3 compatibility on:
By Yoshihiro Team GEN
release on http://www.pspgen.com

Press X for start the patch.
Press O to Restore version.txt 5.03.
Press R to Exit.

PSP ~ Detected....
Now flashing your new CFW 5.03 GEN-C.
Now flashiong the new version.txt.
Done Now the 5.03 GEN-C is Installed!!
Press X to reboot in CFW 5.03 GEN-C.


9.本体設定>本体情報 で システムソフトウェア が「5.03 GEN-C」になっていることを確認します。  



10.これで CFW 5.03 GEN-C for HEN の起動は完了です。

CFW 5.03 GEN-C for HEN は一時的に ISO/CSO 起動 や プラグインの使用、自作アプリ が起動できるようになるだけで 5.03 GEN-C を動作させてから一度 PSPの電源を切ったりすると 通常の FW に戻ってしまいます。 

※スリープモードなら 5.03 GEN-C の状態が保持されます。

一度 PSPの電源を切ってしまってから もう一度 5.03 GEN-C を起動させたい場合は 手順4 から手順をやり直す必要があります。 

5.03 GEN-C の起動が2回目以降の場合

1.ChickHEN R2 を起動させます。

2.XMB から「CFW Updater 5.03 GEN-C」を起動します。

3.自動で CFW 5.03 GEN-C for HEN が起動しますので 本体設定>本体情報 で システムソフトウェア が「5.03 GEN-C」になっていれば 完了です。 

その他


XMBで SELECT ボタン を押すことによって VSH MENU を表示させることができます。



- ISO/CSO を起動する場合は UMD ISO MODE の項目で 右方向キー を押して「M33 driver」に設定してください
- リカバリーモードは RECOVERY MENU を ×ボタン で選択すると 起動することができます

既知のバグ: 

- PlayStation Store にサインインできない(接続エラー)
- リカバリーモードでは以下のような 選択したものがずれて実行されたり 正常に動作しなかったりするバグがあります

Togle USB:正常に動作
Configuration:正常に動作
     - Skip Sony:動作しない
     - Hide corrupt icons:Skip Sony が実行される
     - game folder HB:正常に動作
     - autorun EBOOT:正常に動作
     - fake region:正常に動作
     - use vsh menu:正常に動作
     - XMB USB Device:正常に動作
     - Charge device with usb:正常に動作
     - Use M33 network update:正常に動作
     - use version TXT:正常に動作
     - hide MAC:正常に動作
Use game categories:正常に動作
Reboot in official firmware:機能しない
Run program at:Menu advanced の設定
Advanced:CPU SPEED の設定
CPU SPEED:Plugins の設定
Plugins:registry hack の設定
Registry hack:suspend device が実行される
Suspend device:reboot en firmware officiel が実行される
Reset system:quit が実行される

※プラグインの設定をするには CPU SPEED の項目を ×ボタン で選択すると プラグインの設定画面が表示されます。

FW 5.55 や 6.00を要求する UMD や ISO を起動して decrypter が動作した場合に 紫色の画面が数秒表示された後に ゲームが動作します。

※EBOOT.BIN を複合化して再構築済みの ISO を起動した場合は紫色の画面が表示されないようです  

これにより パッチを当てて ISO を再構築しなくても FW 5.55 や 6.00 以上 を要求する UMD または ISO,CSO を起動できるようになります。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamecity999.blog108.fc2.com/tb.php/124-572643b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
fx