GAMECITY : PSP用 任天堂64 エミュレータ - DaedalusX64 Rev450 GAME CITY
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
任天堂64 の エミュレータ である Daedalus の アップデートバージョン が リリースされました。





DaedalusX64 は PSP で 任天堂64 を動作させることができる エミュレータです。

※エミュレータとは 他のシステムを再現させるプログラムのことで ここでは PSP 上で NINTENDO64 などのゲーム機を擬似的に再現してゲームをプレイすることができます。

これにより エミュレータ で PSP を NINTENDO64 などのゲーム機として代用することができますが ゲームソフト(ROM)は吸出しをして別途 用意する必要があります。
また 擬似的にゲーム機を再現しているため ゲームによっては動作速度が遅かったり 正常に動作しない場合があります。

PSPで動作する NINTENDO64 のエミュレータの中では一番完成度が高く 多機能ですが PSP の性能で安定して動作させるのは まだ難しいようです。

前回からの変更点:


Revision 450 changelog: 

- 空のフォルダを削除した
- Advanced Options に詳しい説明を加えた
- ヨーロッパ版のペーパーマリオ と Pilot Wings 64 に roms.ini のハックを有効にした

Revision 449 changelog:

- PSP のプラットフォームに関係しないコードを削除した
- いくつかのコンパイラの警告を出さないようにした
- いくつかの不要な機能を削除した
- CPU エミュレーションに関するいくつかの不要なチェックを削除した(少し動作速度が向上)
- キャッシュルーチンを改良した(少し動作速度が向上する変わりに, 若干音が途切れることがあります)
- どのように 6ビット処理をするのか変更した(不要なCPUのイベントを削除した)
 
今回のアップデートは主に バグ修正 と 動作速度の向上 がされています。

[ 手順 ]

準備するもの

- CFW 導入済みの PSP-1000/PSP-2000 または HEN, CFWEnabler, 5.03 GEN for HEN が動作可能な PSP-2000/PSP-3000
- 任天堂64 の ROM

エミュレーター導入

1.DaedalusX64 Rev450 をダウンロードして 解凍します。


2.解凍してできた daedalusx64alpharev450 フォルダの中にある「DaedalusX64」フォルダを メモリースティック の PSP/GAME/ フォルダの中にコピーします。  



[ メモリースティック構成:PSP/GAME/DaedalusX64 ] 


3.これでエミュレーターの導入は完了です。

4.任天堂64 の ROM を先ほど メモリースティック にコピーした「DaedalusX64」フォルダの中にある「Roms」フォルダの中にコピーします。



5.これで エミュレーターの導入 は完了です。

使用方法


6.XMB の ゲーム>メモリースティック から「DaedalusX64」を起動します。  



7.ROM 選択画面 が表示されるので ×ボタン で ROM を選択します。 

http://file.psp0009.blog.shinobi.jp/snap019.gif

8.「Start Emuration」を ×ボタン で選択するとゲームが起動します。

- 操作方法

□ボタン:Aボタン
×ボタン:Bボタン
△ボタン:Zボタン
Lボタン:Lボタン
Rボタン:Rボタン
STARTボタン:STARTボタン

ゲーム中に SELECT ボタン を押すと オプション変更画面 が表示されますので そこでオプションが変更可能です。



[ 説明 ]

Edit Preferences:ゲーム中の設定を変更します
Save State:ステートセーブをします
Load State:セーブしたステートをロードします
Take screenshot:スクリーンショットを撮ります
Resume Emuration:ゲームに戻ります
Return to Main Menu:メインメニューに戻ります

- Edit Preferences の説明



Texture Update Check:マリオカートのような いくらかのゲームで必要です
FrameSkip:フレームをスキップして動作速度を速くします
Limit Framerate:動作速度が通常以上に出ないように制限します
Double Display Lists:ゴールデン・アイなどのいくらかのゲームによって必要です
Dynamic Recompilation:大部分の動作速度が出ている所で働きます
Dynamic Stack Optimisation:余分な速度のために Dynamic Recompilation で働きます
High Level Emulation:動作速度が向上し安定に動作します
Audio: 
Disabled -  音が出ません ※動作速度が最も速くて一番安定しています
Sync - 音が出ます ※動作速度は遅くなりますが それなりに安定しています
Async - 音が出ます ※動作速度は速いですが不安定です
Controller:コントローラー設定をします

設定を変更したら Confirm Settings を ×ボタン で選択して設定を保存します。

- Advanced Options の説明



Clean Scene:Clean Scene 機能が有効にする
Dynamic Loop Optimisation:有効にすると 少し動作速度が向上しますが、いくらかのゲームが動かなくなります
GoldenEye TLB Hack:ゴールデンアイのゲームで TLB ハックを有効にします
Double Display Lists:Double Display Lists 機能を有効にします
Disable Simulate Double:シュミレート Double Display を無効にします
View Port Hack:Super Bowlling 64 で View port Hack を有効にします
Disable Flat Shade:Flat Shade を無効にします

設定を変更したら Confirm Settings を ×ボタン で選択して設定を保存します。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamecity999.blog108.fc2.com/tb.php/141-0c2c01cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
fx